髪の毛が抜ける原因って何?

 生命に寿命があるように、髪にも寿命があります。髪の毛は全体で約10万本ありますが、1つの毛穴からおよそ2,3本の毛が生えており、頭皮の毛穴は約3万から4万あると言われています。その毛穴ごとにそれぞれ髪の誕生、成長、退化を繰り返し、やがて休止という抜け毛状態を迎え、3〜6年で髪は一生を終えます。
 髪は1日に90本程度は自然に抜けています。また正常な状態でもおよそ15%の毛穴が休止(脱毛)状態にありますが、残りの85%の毛穴からは毛が生えているため、見た目には『薄毛』にはならないのです。

 また、髪は毛穴から抜けてもその根っこの部分が死んでしまうわけではありません。毛母細胞と呼ばれる毛の製造工場が一時的に休んでいるだけで、3〜4ヶ月ほどお休みをしてからまた毛を作り出し、3年から6年をかけて太い黒い髪を成長させていきます。ですから毛穴から毛が抜けてもすぐに次の毛を作り始めるので、健康な頭皮であればヘアサイクルによって『薄毛』にはならないのです。

 では『薄毛』になってしまう理由は? それは毛の製造工場である毛母細胞が4ヶ月たってもずっと休み続けてしまう毛穴が増え続けてしまうことに原因があります。頭皮を不潔にしたりすると、毛穴からフケ菌と呼ばれる細菌が繁殖して、頭皮の血行を悪化させたり、皮脂が過剰に分泌され、5αDHTという男性ホルモンの分泌まで促し、毛穴に栓をしてしまいます。すると毛穴の根っこにある毛母細胞が休み続けてしまい、毛を製造しなくなってしまうのです。そうすると毛を製造しない毛穴がどんどん増えて、頭皮の地肌があらわれてしまうのです。これが、いわゆる悩みの原因になる『薄毛』の状態です。
posted by なおひろ at 15:40 | 薬用育毛剤 ”アランテ”
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。