壮年性脱毛症

壮年性脱毛症は、遺伝的要素を持つ一部の男性に起こります。一般的に男性ホルモンの影響を大きく受けると言われる前頭部から頭頂部のヘアサイクルが乱れ、髪が十分に育たず産毛になってしまうため、頭皮が透けて見えるようになります。はげている方をよく見ると(さりげなくお願いします..)産毛がいっぱい生えているのを良く見かけます。この一本一本を太くすることが出来ればフサフサになります。ただしヘアサイクルが乱れたままにしてしまうと、最悪、休止期から成長期に移行しない毛根が増えてしまい、毛髪量も少なくなっていきます。

 また頻度は少ないですが、同様の脱毛は女性にも起こる場合があります。男性同様、頭頂部を中心に髪が薄くなる特徴があります。これは女性も少量ながら男性ホルモンがあり、分泌されるためと考えられていますが、詳しい原因についてはまだわかっていません。

抜け毛といってもその原因は様々です。このカテゴリでは一般的な抜け毛(脱毛)の種類について説明します。
posted by なおひろ at 10:49 | 抜け毛の種類について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。