円形脱毛症

円形脱毛症は、自覚症状が無く、それこそある日突然抜け毛が発生します。
円形脱毛症と言われるのは一般的にコイン大の大きさの円形に抜け毛が発生することが多いためで、症状としては円形の脱毛がひとつだけできる場合から、それが頭髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ほぼ全身の毛が抜ける場合まであります。

抜け毛の周囲の毛を軽く引っ張ってみて、数本の毛が抜ける間はまだ進行中です。抜け毛が起きたところの皮膚は、普通周囲より凹んだ状態になっていて、軽い発赤を伴う場合が多いです。
抜け毛の進行が止まれば、多くの場合は数カ月後に軟らかい毛がはえてきて、その後硬い毛が生えよみがえります。
多くの場合、放置していても自然治癒すると言われていますが、しばしば再発を繰り返す方がおり”円形脱毛症になりやすい体質の人”がいるようです。一般的に治癒後5年以内に、約40%の方が再発すると言われています。
 
一般的に言われている原因としては以下のとおり。

  • アレルギー反応にによって毛の根元へリンパ球が、集まってくることから起こる場合。

  • 精神的ストレスによって胃潰瘍などと同様に血管が収縮し、その血管を中心に毛が丸く脱落してしまう場合。


  • 抜け毛といってもその原因は様々です。このカテゴリでは一般的な抜け毛(脱毛)の種類について説明します。
    posted by なおひろ at 11:13 | 抜け毛の種類について
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。