分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、出産後しばらく抜け毛が多くなり、薄くなることがあります。しかし多くの場合、ひと目でわかるようなひどい脱毛になることは少ないです。
 分娩後脱毛症の原因は、妊娠中おなかの子供に栄養を取られてしまうこと、そして妊娠後期はエストロゲンなどの女性ホルモンの増加によって、成長期の頭髪の割合が増加していますが、出産えを境に一気に休止期に入ってしまうためです。
 原因の多くは妊娠時のホルモンバランスなのでほとんど場合、産後6カ月ほどの授乳を終えるころには回復しますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は、戻るのに時間がかかることがあるようです。また産後のストレスなどが重なると完治しないこともあるようです。

抜け毛といってもその原因は様々です。このカテゴリでは一般的な抜け毛(脱毛)の種類について説明します。
posted by なおひろ at 12:00 | 抜け毛の種類について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。