免疫異常(アレルギー)による抜け毛

免疫異常(アレルギー)による抜け毛も最近増えていると言われています。これは毛の根元へリンパ球が、集まってくることから起こると言われてます。リンパ球はご存知のとおり血液の中に存在し、扁桃炎や肝炎などの炎症部位に集まってきて、炎症を鎮めようとします。従ってアレルギー反応で頭皮に炎症を起こした場合、リンパ球が集まり、脱毛しやすくなるといわれています。またこの症状は、他の免疫異常疾患(甲状腺疾患、尋常性白斑。糖尿病、アトピー性皮膚炎など)と同時に起こりやすいといわれています。
しかし、詳細についてはまだよくわかっていません。
posted by なおひろ at 14:00 | 抜け毛の原因って..
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。